喪服はどこで買う?40代・50代女性のセンスのいいブラックフォーマルブランド

※当サイトのコンテンツには広告が含まれています。

センスのいい喪服

40代・50代の女性として、葬儀や法事などの場でセンスのある喪服を身に着たいと思いませんか。しかし、どのブランドのものを選べばよいか、どこで買えばいいのかが分からない方も多いかと思います。

この記事では、センスの良い喪服の選び方と品質とデザインにこだわったブランドの喪服を厳選してご紹介します。お読みいただくことで、自信を持って喪服選びができるようになることでしょう。

購入ではなくレンタルを検討している方のために、おすすめの喪服レンタルサービスも紹介します。喪服選びで悩むことなく、品格を持って大切な場に臨んでいただけるよう、この記事がお手伝いできれば幸いです。

おしゃれな服を誰かに選んで欲しいけど、高すぎる服じゃなくて手頃な服がいい

パーソナルスタイリングサービスのDROBEなら、あなたに合わせてプロが選んだ服が自宅に届きます

気に入ったら購入して、いらなかったら返送すればいいから、無駄な服やコーデに悩む時間が節約できますよ

スタイリング料 3,980円
送料 550円
返送料 550円
今なら初回0円
⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

自宅にいながら試着できる

DROBE公式

任意のタイミングで解約可能

喪服の知識

出典:PETITSOIR

略喪服

略喪服とは、平服を指定された喪事や、三回忌以降の法事や急な弔問の際の服装を指します。

喪主側から「平服」の指示があった場合、または急な仮通夜などに出る場合は、略喪服を着用します。これは、正式な喪服をすぐに着用すると、葬儀を事前に準備していたようにみえて不適切なためです。

女性は、黒、紺、深いグレーなどの落ち着いた色調のワンピースやスーツがを着て、ストッキングは黒、靴はヒールの低い黒のシンプルなパンプスが好ましい服装です。

準喪服

準喪服は、その名の通り、正喪服とほぼ同等の格式を持つ喪服で、通夜、葬儀、法要などの様々なシチュエーションで適用されます。

一般参列者としてお葬式やお通夜に参列する場合はこの準喪服となります。参列者だけでなく、喪主や親族も準喪服を着ることが多くなりました。

日常会話で「喪服」と言及された際、大抵の場合、準喪服を指しています。

正喪服

正喪服とは、最も格式が高く、葬儀や告別式の日に喪主・配偶者・遺族・2〜3親等までの近しい親族、または葬儀の進行を担当する葬儀委員長などが着用する服装を指します。

和装と洋装、二つのスタイルが存在します。

和装の場合は、喪主やその配偶者が着るのは通常、染め抜きの五つ紋が入った黒い着物に、帯・帯締め・帯揚げ・草履も全て黒のものを合わせます。さらに、白衿の長襦袢と白の足袋を合わせることで、礼節を重んじた装いとなります。

和装の喪服は地域によりしきたりやマナーが異なるので、親族の年配の方に確認しましょう。

センスがいい喪服の選び方

40代・50代におすすめの喪服
出典:LANVIN NOIR

上品な素材

40代・50代の女性が喪服を選ぶ際、大人の落ち着きと品格を表現することが重要です。そのため、安価で見た目も安っぽい喪服は避けましょう。

ただし、高価な喪服が必ずしも良いとは限りません。素材感やデザイン、織り方、色の深みなどをチェックして選ぶことが肝心です。

黒は濃い黒ほど品格を引き立てると言われています。この点も参考に、自分にふさわしい喪服を見つけてみてください。

スカート丈

出典:jun ashida Multiblack

50代女性が喪服を選ぶ際、特に気を付けてほしいのが丈の長さです。ジャケットやスカートの丈が短すぎると、思わぬ若々しさが出てしまい、場の雰囲気と合わない印象を与えてしまうかもしれません。

また、葬儀や法事の会場では畳の上で正座することもあるため、座った際に膝が見えてしまわないようなロング丈やフレアのスカートを選ぶことが重要です。

サイズ感

喪服選びの際には、サイズ選びも重要な要素の一つです。喪服は一度購入すれば、頻繁に買い換えるものではないため、サイズ選びには十分な注意が必要です。

特に、喪服は長く着用する可能性を考えると、ゆったりとしたサイズ感がおすすめです。体型の微妙な変化にも対応できるように、少し余裕をもったサイズを選ぶと良いでしょう。

また、喪服は季節を問わず着用するため、寒い冬の葬儀でも凍えないように、暖かい下着を着用するための余裕を持ったサイズを選ぶことも忘れずに。

夏でも肌見せはNG

喪服は敬意を表すための服装であり、そのためには肌を露出しないことが基本的なマナーとなっています。

デコルテや腕、脚などを覆う、控えめで洗練されたデザインを選び、謙虚で尊敬の念を示す装いを心掛けましょう。暑い真夏の葬儀でもノースリーブは避けて、半袖か七分袖にしましょう。

これは、故人への敬意を示すと同時に、周囲の人々に対しても礼節を尽くすための重要な点です。喪服は故人への最後の別れを告げ、生前の故人への感謝の気持ちを形にするもの。だからこそ、喪服選びは慎重に行うべきなのです。

着やすさ

喪服選びでは、その着心地や着やすさも重要な要素です。ジャケットとワンピースのセットの喪服は、オールシーズンで利用できるという便利さがあります。

しかしながら、体が固くてワンピースのファスナーを完全に閉めることが難しいと感じることもあるかもしれません。

そのような場合には、フロントファスナーのついたワンピースの喪服がおすすめです。これなら簡単に着脱が可能で、ストレスを軽減できます。

気を付けたい小物

出典:三越伊勢丹

喪服にまつわる小物選びは、思わぬ盲点になりがちです。

例えば、エナメル素材や飾りのついたパンプスは適切とは言えません。また、バッグも黒ならば問題ないと思いがちですが、爬虫類風のデザインは控え、素材も革で落ち着いた黒がベターです。

ストッキングも同様に黒が基本です。タイツはカジュアルすぎるとされていましたが、冷え込む季節には防寒のためタイツを選択する方も増えてきています。適切な装いで、敬意を示すことが大切です。

40代・50代におすすめの喪服ブランド:jun ashida Multiblack

喪服用の上品なジャケット

出典:jun ashida Multiblack

すっきりと開いたネックラインはパールネックレスとも好相性です。

ボトムスとバランスのとりやすい短めの着丈でスカートを合わせるとフェミニンに、パンツと合わせるとモダンな印象に仕上がります

詳細を見る

喪服のロングスカート

40代・50代におすすめの喪服jun ashida Multiblack
出典:jun ashida Multiblack

正装感のあるAラインシルエットのロングスカートです。ゆったりとしたフレアラインが女性らしさを演出。

落ち感のきれいなポリエステル素材で1枚持っていると重宝するアイテムです。

詳細を見る

ワンピース

出典:jun ashida Multiblack

シンプルなシルエットで上品な喪服。シンプルな喪服は生地やシルエットの良し悪しがわかりやすく、自信を持って着れる一枚です。

販売サイトをチェック

40代・50代におすすめの喪服ブランド:LANVIN NOIR

ジャケットとワンピースのアンサンブル

出典:LANVIN NOIR

襟付きのショートジャケットと七分袖ワンピースを組合せたアンサンブル。

ボタン留めのジャケットは、フラワーモチーフのトップボタンがアクセントに。ワンピースは上身頃をすっきりと仕立て、タックが入った下身頃のフレアシルエットを引き立てています。清楚さと大人っぽさを兼ね備えており、どの年代の方にも素敵に着こなしていただけます

販売サイトをチェック

40代・50代におすすめの喪服ブランド:Aquascutum

ジャケットとワンピースのアンサンブル

喪服 Aquascutum
出典:Aquascutum

変形ショールカラーを採用したジャケットが個性的なアンサンブル。サテンコードが上品なアクセントになっています。

ワンピースは、上下で分かれているように見える作りがポイント。立体グレーティングパターンと前開き仕様により、着心地と着やすさを実現したアイテムです

販売サイトをチェック

40代・50代におすすめの喪服ブランド:SOIR PERLE

アンサンブルの喪服

SOIR PERLE
出典:SOIR PERLE

スタンドカラージャケットと七分袖ワンピースを組合せたアンサンブル。繊細な織り柄の上質な生地です。

ジャケットは襟と前端、裾のトリミングが印象的。ワンピースは、ジャケットを羽織ったようなデザインがポイント。フロントオープン仕様なので着脱もラクに行えます。

販売サイトをチェック

40代・50代におすすめの喪服:ニッセン

パンツスーツの喪服

出典:ニッセン

喪服のときは黒いストッキング以外はNGなどマナーに厳しい人がいると面倒だわと思う方は、パンツスーツにするのはいかがでしょうか?Aラインのブラウスが体のラインをカバーしてくれる喪服です。

販売サイトをチェック

喪服のパンツスーツ3点セット

パンツ+ジャケット+ブラウスの3点セットの喪服。ロングジャケットなのでウエストやヒップラインも気になりません。ブラウスのパールは取り外し可能です。

販売サイトをチェック

喪服に必要な小物

フォーマルバッグとサブバッグ・袱紗のセット

フォーマルバッグとサブバッグ・袱紗のセット
出典:B-GALLERY

つや消し革や金具がついていないバッグは意外と持っていないものです。ブラックフォーマル専用のセットを一式持っていると安心できますよ。

販売サイトをチェック

最短で翌日午前中に届く喪服のレンタル

弔事の訃報は多くの場合、突然に届きます。そんな時、クローゼットにある喪服が歳を重ねてでキツくなっていたり、色があせてしまっていたりすることもあるのが現実です。

急いで店頭で新しい喪服を探しても、自分の体型や好みに合った喪服にすぐに巡り合えないこともあります。

そんな状況を避けるためにも、喪服のレンタルはとてもおすすめ。レンタルサービスは最短で翌日の午前中に喪服を配送してくれるため、急な弔事にも安心して対応できます。

出典:Cariru BLACK FORMAL

サイズも豊富で、SSサイズから5Lサイズまでのサイズ展開があります。年代別におすすめの喪服があるので探すのも簡単です。

出典:Cariru BLACK FORMAL

パンツタイプの喪服もあるので、スカートをあまり履かない方でも安心。

出典:Cariru BLACK FORMAL

真冬の葬儀で困るのが、喪服用のコート。派手なボタンが付いていない黒いシンプルなコートがなくて寒い思いをすることもありますよね。シンプルな黒のパンプス、喪服用バッグ、喪服用のサブバッグなども急に探すと見つからないものです。数珠・袱紗など小物も全てレンタルすると安心です。

急に喪服が必要になった時は、急いで満足できない喪服を買うよりもレンタルがおすすめですよ。

喪服をレンタルする

40代・50代におすすめのコーデがわからなくなったら

-ファッション
-,