洋服が面倒!めんどくさい洋服選びを楽にしたい女性のためのコツ

※当サイトのコンテンツには広告が含まれています。

洋服がめんどくさい

「またこの洋服、どうしよう…」って思ったことありませんか?洋服選び、正直言って面倒ですよね。

クローゼットを開けるたびに、その奥深くに眠る洋服たちが「今日は私を選んで!」と囁いてる気がする。でも、今日は何を着たらいいのか、トレンドは? 似合うのは? そんな疑問が次から次へと…。

さらに、店員さんとのコミュニケーションや、買ったはいいけど合わせるものがない!なんてことも。

この記事では、そんな「めんどくさい洋服選び」をちょっとでも楽にするためのコツをシェアします。さあ、一緒におしゃれをもっと手軽で楽しいものに変えていきましょう!

骨格診断をしてみよう

洋服を買うのが面倒な理由

洋服を買うのが面倒

洋服を選ぶのが面倒

洋服を買うのって、なんでこんなに面倒くさいのかな?そう思う人、多いですよね。

まず、流行りものに手を出すと、あっという間に「もうダサいの?」ってなることもしばしば。せっかく買ったのに、もうクローゼットの奥行きで永眠…ちょっともったいないですよね。

パーティーや、ちょっとしたイベント用の洋服。普段使いはちょっと…なんていうアイテム、「このシーンにピッタリ!」って思って買ったものが、普段着にするにはなんか浮いちゃって、結局あまり着ないままということもあります。

あれもこれもと買ったけど、なんかうまく合わせられないって経験も。かわいいブラウス買ったけど、なんだかんだで合うスカートやパンツがなくて、結局一度も着ないまま。もう、何をどう選んでいいのか分からない!ということも面倒になってしまう原因になってしまいます。

買いに行くのが面倒

洋服を買いに行くのも面倒ですよね。日常生活でやらなきゃいけないことが山ほどあって、そんな中で「今日は洋服を買いに行こう!」ってなるのがもう一苦労。気分も上がらないし、時間がなくてサッサと選びたいですよね。

そして、、洋服を買いに行く時の服装にも頭を悩ませます。おしゃれなお店にダサい服を着て行くは、なんか恥ずかしい気がする。店員さんがステキなコーディネートしてる中で、私のこれじゃ目立ちすぎる!って感じることも。

それに、「おしゃれな洋服を買いに行くんだから、せめてまともな格好を…」と思っても、そもそもおしゃれな洋服を買いに行くための洋服がクローゼットの中にないっていう悲しい現実があったりします。

店員さんが面倒

洋服を買いに行くのが面倒な理由のひとつは、店員さんとのコミュニケーションということもあります。

店員さんからおすすめされた洋服を断るのって、なんだか難しくて、つい「いいかも?」と頷いちゃう、そんなタイプの人も多いはず。

試着室から出てきて、店員さんに自分の姿を見せるのも、なんだかちょっと恥ずかしい。思っていたよりもサイズが合わなかったり、色が自分に似合わなかったりすると、余計にそう感じてしまう。

確かに、店員さんに似合う服を相談できれば理想的で、人によってはコミュニケーションが苦手で、そこがハードルに感じることもありますよね。

そんな時は、自分が心地よく選べるショッピングスタイルを見つけることも大切です。

洋服を選ぶのが面倒な理由

洋服を選ぶのが面倒

コーディネートができない

洋服を選ぶのが面倒と感じる理由、それはなんといってもコーディネートの難しさ。

持っている洋服の色がバラバラだと、一緒に着るとちぐはぐな印象になってしまうことがありますよね。そんな時、一体どの服とどの服を合わせればいいのか、迷ってしまう人は少なくないはず。

また、仕事用の服を最優先で買ってしまって、休日のお出かけのコーディネートができないことも。

コーディネートのためにシーンに合わせた洋服をバランスよく買っておくのはなかなか難しいですよね。

洋服選びに自信がない

自信がないからこそ、洋服を選ぶのが面倒に感じてしまう人、結構いると思います。

おしゃれな人やインフルエンサーの真似をしてみたけど、自分の体型にはなかなか似合わなかった...そんな経験ありますよね。それに、おしゃれを頑張りすぎて、周りからちょっと浮いてしまう失敗も。

そういう失敗を重ねるうちに、「自分にはファッションセンスがないんだ」と自信をなくしてしまい洋服選びがめんどくさくなることもあります。

おしゃれに興味がない

洋服選びが面倒、と感じる理由として、「おしゃれにそもそも興味がない」という人もいます。他にやりたいことや、お金を使いたいことがある人は、おしゃれなどに時間や資金を使うことができない場合もあります。

それに、洋服選びに時間をかけることがもったいないと感じる人もいます。みんなスティーブジョブスのように、同じ服を何着も持つタイプかもしれない。

コーディネートに頭を悩ませる必要なし、毎日の選択肢を減らすことで時間を有効に使えるという思考は、なかなかスマートだと思いますよ。

洋服選びを楽にするコツ

骨格診断3種類

骨格タイプを知る

「洋服選びが面倒!」そう感じるあなたにぴったりの解決策があります。それが自分の骨格タイプことです。

骨格診断を受けると、自分が骨格ストレートなのか、骨格ウェーブなのか、または骨格ナチュラルなのかといった、自身の骨格タイプがわかるようになります。

この骨格タイプによって、あなたに最も似合う洋服の形や素材が異なります。例えば、ストレート型の人にはシンプルなラインの服が、ウェーブ型の人には柔らかさのあるフェミニンな服が、ナチュラル型の人にはカジュアルな服が似合います。

そのため、自分の骨格に合った服を選ぶことで、自然と似合う服が見つかるようになり、洋服選びがぐっと楽になります。さらに、骨格診断によって自分がどのタイプに該当するのか知ることで、それまで迷っていた洋服選びが一気にスムーズになるでしょう。

ベースカラーを決める

「ベースカラーを決める」のも大事です。自分がよく着る色、好きな色、自分に似合う色、どれか一つでもいいから考えてみてくださいね。それが、例えば黒や茶色、紺などになると、ファッションの基本色ができてきますよ。

その基本色があると、洋服選びがとてもラク。なぜかというと、その基本色を中心に考えるだけで、自然とバランスの取れた服装ができるからです。ワンピースやジャケット、トップスやパンツ、全部その色を基準に考えてみると、パッと見でまとまった印象になりますよ。

さらに、このベースカラー、洋服だけじゃなくて、靴やバッグ、アクセサリーにも使えます。全体のテイストを一つの色でまとめることで、それぞれのアイテムがバラバラにならずに、スタイリッシュな統一感がでてきます。

結局、ベースカラーを決めるというのは、自分だけのファッションルールを作って、洋服選びの面倒さを減らし、楽しくオシャレを楽しむための一つの秘訣。これだけでも試してみると、洋服選びが楽になりますよ。

洋服の系統を決める

出典:M7days
スカートのようなワイドフレアパンツ
出典:M7days
40代・50代におすすめのキャミワンピース|黒
出典:E by eclat

「服の系統を決める」ってちょっと高度に聞こえますよね?でもこれ、意外とシンプルで面白い方法なんですよ。

自分の好みをはっきりさせて、そのテイストに合う洋服を選んでみるだけ。これだけで、あれこれ悩んでたコーディネートがスムーズになりますよ。

例えば、シンプルが好きなら、無駄な装飾が少ないシンプルなデザインの洋服や、白や黒などのモノトーンの色合いを基調にすると、一瞬でまとまり感が出ます。

フェミニンが好きなら、フリルやレースをチョイス。柔らかいピンクやパープルなんかを取り入れて、女性らしさを演出しましょう。

ナチュラルが好きなら、コットンやリネンといった自然素材の洋服や、落ち着いた色合いのアイテムを選ぶと、ゆったりとした雰囲気が楽しめます。

こうやって自分の好きなスタイルを明確にするだけで、洋服選びが断然ラクになります。それによって、バラバラだった洋服選びも、スッキリと整理されていきますよ。

それでも洋服選びが面倒ならレンタルがおすすめ

それでもなお、「う~ん、やっぱり洋服選び、面倒…」と感じてしまう方、大丈夫です。そんな方には、手間を全くかけずにオシャレを楽しむ新たな選択肢を提案します。それが「ファッションレンタル」です。

ファッションレンタルとは、プロのスタイリストがコーディネートを組み上げてくれた洋服をレンタルできるサービスのこと。自分で選ばずとも、トレンドを押さえたスタイリングが手に入ります。これなら、服を選ぶ労力をほぼゼロにすることができますよ。

あなたがコーディネートに悩む時間を楽しいことに使うことができたら、それが一番のオシャレではないでしょうか?ぜひ、新たなスタイルの試みとして、ファッションレンタルを活用してみてくださいね。

エアークローゼット

エアークローゼットでレンタルした服

スタイリストが洋服をコーディネート してくれるエアクローゼット

「エアークローゼット」は、あなたのファッションをプロのスタイリストがコーディネートしてくれるファッションレンタルサービスです。

気になるアイテムをリクエストすると、あなたのスタイルに合わせた、プロのスタイリングによるコーディネートセットがお手元に届きます。自分らしいおしゃれを心ゆくまで楽しむことができますよ。

7タイプの骨格診断で似合う服をセレクト

エアークローゼット 公式

国内最大級のファッションサブスクサービス

40代・50代におすすめのコーデがわからなくなったら

-ファッション
-,